日能研 アルバイト

日能研ユリウスでアルバイトをする

日能研グループのユリウスは、個別指導と家庭教師を運営している会社ですが、ここでの指導を担当しているのは主に大学生や大学院生のアルバイトなのです。

日能研出身の学生が中心となっていますが、日能研卒業生でなくても問題なくアルバイト登録はできます。

日能研ユリウスで指導者になるための資格は特になく、大学生・大学院生または大学卒・大学院卒の方なら誰でもアルバイト登録は可能です。
まずはユリウスのホームページにあるエントリーシートからエントリーすると、勤務希望エリアの教室から直接連絡が入ります。
その後はユリウスの教室で面接をし、合格すると正式に指導者として登録されます。ただ、登録されてもすぐに指導者としてアルバイトが始まるわけではありません。まずはしっかりとした研修や教室見学などを行って、指導者としての知識をつけていきます。その後は指導者として業務にあたりますが、それからも定期的な研修やフォローがあるので、未経験でも安心してアルバイトをすることができます。

日能研 アルバイト

日能研の試験監督アルバイト

日能研では公開模試などを年に数回行っています。この試験の際に、試験監督や受付担当者などをアルバイトとして臨時に採用することがあります。

日能研に限らず、こういった試験監督のアルバイトは時々見かけますが、業務内容に比べると時給としては悪くない印象があります。
時給は1000円前後の場合が多かったようですが、よほど問題なければ試験時間をうまくやり過ごすことができればいいので楽だと思います。

試験監督のアルバイトはどのような業務を行うかというと、試験会場に来た学生を誘導して座らせ、試験問題を配布し、時間管理をしながら気分の悪くなった学生を手当てしたり、不正を見張ったりなどとなります。
そもそも日能研の場合は公開模試ですから、カンニングなどの不正をしても無駄で、たとえそれで良い点を取って偏差値が上がったとしても、何の得にもなりません。したがってそれほど不正に目を光らせる必要も無く、座っているだけの暇なアルバイトになる可能性が高いのです。

日能研 アルバイト

日能研のアルバイト講師

中学受験の日能研で授業を担当する教務スタッフは、基本的に日能研の社員です。塾の講師の中には大学生のアルバイトが多いところもたくさんありますが、日能研に関しては新卒や中途で社員を確保し、適性を見て教務スタッフとして指導にあたらせています。

ただ、グループ内でユリウスという個別指導・家庭教師センターを運営している会社では、指導者のほとんどが大学生または大学院生のアルバイトとなっています。

日能研の場合は、難関中学・有名中学への進学を目指した生徒ばかりなので、アルバイトではなくプロの社員を指導者にしないと、生徒というよりは親が不安感を持つ可能性があります。
ユリウスの場合は、どちらかというと日能研のような集団で競わせるようなスタイルを苦手とする生徒が集まるので、年齢の近いお兄さんやお姉さんといった感じの大学生・大学院生が合うのです。
ユリウスのアルバイト指導者は、最高2名までしか生徒を持たないので、その点でも日能研の講師よりはプレッシャーが少ないでしょう。

日能研 アルバイト

日能研の採点アルバイト

日能研での採点アルバイトというお仕事があります。日能研のテストはとても難しいので、たとえ小学生対象の問題でもちょっと不安ですが、採点のアルバイトは問題を解くわけではないので心配ありません。

この日能研採点アルバイトは、日能研が直接採用しているのではなく、他の会社に委託して行っているものです。採点業務自体はそれほど難しくありませんが、速さと正確さは求められます。最初はなかなかうまくいかない場合もありますが、しっかりと先輩が指導してくれるので安心して採点業務ができます。

このアルバイトは、大学生はもちろんですが、進学が決まった高校生もすることができます。時給は900円以上で、能力や実績に合わせて昇給し、1年後には1200円以上の時給になる人もいます。

業務内容は、日能研のテスト用紙をパソコンでダウンロードし、キーボードで採点していきます。服装も自由なので気軽に通勤できますね。
教育関連を志望している学生にとっても、ちょっと勉強になるアルバイトです。


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。